無垢という素材の特性について

ニュージーパイン®

独特の透明感、あふれる気品。
長い歳月をかけて育てられた、稀少な逸品。

北米カリフォルニアが原産となる松の一種。現在では、ニュージーランドやオーストラリア、チリなど、多雨多湿で生育条件の整った地域に多く植林され、ウッドワンでもニュージーランドの広大な敷地にて森林経営を行っています。温暖な地域で育ったニュージーパインRは幹が太く、芯がしっかりと締まり、均一に整った伸びやかな木目模様も特徴。木肌の色合いは心材(赤身ともいわれる)は淡い褐色、辺材(白太ともいわれる)は淡い黄白色で、その上質な透明感のある美しさも人気の理由となっています。経年変化により深みのある飴色に変わり、美しさを増していきます。家屋の床や階段、建具・天井などあらゆる内装材や柱・梁・桁などの構造材にも汎用性があり、特に無節の一本物は高級品材として珍重されています。

※ニュージーパイン®… ウッドワンがニュージーランドで計画的に植林、育林したラジアータパインの登録商標です。

ニュージーパイン素材の木材のイメージ

オーク

“森の王様”とも呼ばれる広葉樹。
表情豊かな木目は、世界の人々を魅了し続ける。

日本ではナラの木と呼ばれ「ドングリ」のなる木としてもなじみ深い、日本全国で見られるブナ科の樹木。ヨーロッパではKing of Forest“ 森の王様”と呼ばれて神聖視されてきました。硬く強いその性質から、良質な家具材や床材、船材などの材料として古くから世界中で需要があります。液体などの透過性が低く腐朽にも強いこと、また香味成分となるタンニンを多く含んでいることから、ウイスキーやワインを保存する樽の材料としても珍重されています。力強い木目が特徴でもあるオークは、板目に取れば色深い波線形の木目が楽しめ、柾目に取ると一転して穏やかで優しい木目が楽しめます。また、オーク材独特の、虎の毛のような斑点模様の木目【虎斑(とらふ)】を楽しめるものもあり、一本の丸太で多彩な表情を見ることができます。

オーク素材の木材のイメージ

メープル

明るく華やかで、つやのある木肌。
高級品の装飾用材としても用いられる。

別名「カエデ」と呼ばれ、一般的には「もみじ」として知られる落葉高木。そのほとんどが北半球に分布しており、その種類は世界で数百種にも及ぶといわれています。高さは30メートルを超えるものもあり、木肌は白っぽく、薄い赤褐色の木目を持っています。組織が密なためキラキラとした光沢があり、明るい雰囲気で人気の高い樹種です。その見た目の美しさから、古くから家具などに使われてきたほか、高級車の車内パネルやギターのボディートップ材をはじめ、装飾としても幅広く使われています。また、硬く弾力性があることから、強力な衝撃への耐性が求められるボウリングのレーンやピンなどにも使われ、最近ではバットの素材としても注目されている木材です。

メープル素材の木材のイメージ

ウォールナット

優しい風合いと、重厚な落ち着きと。
4大銘木にも数えられる人気の樹種。

ウォールナットは、オーク、マホガニー、アッシュと並んでヨーロッパの家具材を代表する4大銘木の一つです。美しい木肌と狂いの少ない材質が特長で、欧米では古くから家具材や装飾用材、あるいは楽器の素材としても利用されてきました。衝撃に強い特性を活かして、ライフルの銃床の素材にも使われたりもしています。その重厚感のある美しさから、建築材としても人気が高く、ドア、フローリング、造作材などに用いられ、優しく落ち着いた風合いが日本でも大変好まれています。

ウォールナット素材の木材のイメージ

無垢、その豊かな表情。

無垢の扉は、木目や色合いに多少の差が出たり、節が見られる場合があります。
それは、その木だけがもつ豊かな個性であり、変化に富んだ自然条件の中で、
さまざまな影響を受けながら永い年月を生き抜いてきた証でもあります。
同じものはふたつとありません。木本来の良さとしておたのしみください。

  • 1.【濃淡】天然の質感。

    木が心材化※すると木に含まれる成分が化学変化して色が濃くなります。また個々の木で色の濃さが微妙に異なります。板状につなぎ合わせると濃淡となって視覚的に現れ、この濃淡が天然木の絶妙な質感を生みだします。

    ※心材化…生きた細胞が死んで堅くなり、湿気に強くなること。

    美しいコントラストが空間にリズムを持たせ、明るく柔らかい雰囲気を演出します。

    オークの木目イメージメープルの木目イメージ

    板や木目の濃淡が織りなす木味が美しく、変化に富んだ賑やかな印象を与えます。

    ウォールナットの木目イメージ1ウォールナットの木目イメージ2

  • 2.【入り皮】力強い生命力。

    幹に取りこまれた樹皮を入り皮といいます。樹皮のすぐ下にある細胞が形成層※といって木の幹を太くする大切な部分。たとえ成長過程で樹皮が傷ついてもその部分を取りこんで修復しながら成長を続けます。木の力強い生命力を感じます。

    ※形成層…春から秋にかけて細胞分裂を行い樹幹を大きくする組織。

    ニュージーパインの木目イメージオークの木目イメージメープルの木目イメージ
  • 3.【虎斑(とらふ)】独特の紋様。

    オークは幅の広い放射組織※があり、柾目面に銀色の斑となって現れます。光の加減によって見え方が変わります。オークに独特の紋様であり、古くから大切にされています。

    ※放射組織(広葉樹)…木が成長するのに必要な栄養分を貯蔵する組織で、繊維方向に直交した組織。

    オークの虎斑紋様のイメージ1オークの虎斑紋様のイメージ2オークの虎斑紋様のイメージ3
  • 4.【木目】味わい深さ。

    オークなどの環孔材※は道管が年輪に沿って配置しているので、木目がはっきりと現れやすいのが特長です。この豊かな表情が好まれ、古くから家具などに使われています。使い込むほど味わい深くなっていきます。

    ※環孔材…木が根から水を吸い上げるときの通り道となる道管が年輪に沿って配置しているもの。

    オークの木目のイメージ1オークの木目のイメージ2
  • 5.【葉節(はぶし)】自然の意匠。

    オークやウォールナット、メープルに、直径1〜2㎜ほどの小さな節が見られることがあります。木の幹に細く小さな枝が生育し自然に枯れ落ちた跡で、葉節といいます。別名「ピンノット」。人間でいえばホクロのようなもので、小さいながら多彩な木目に個性的な表情を演出します。

    ウォールナットに現れた葉節のイメージ1ウォールナットに現れた葉節のイメージ2

お手入れ方法

乾拭き、または水拭きをしてください。汚れがひどい場合は中性洗剤を含ませた布で拭き取ってください。

無垢材にシミになりそうな液体がこぼれたイメージ

キッチンにある油や調味料が万が一こぼれてしまっても…

こぼれた液体を水拭きで拭きとった後、綺麗に汚れが取れているイメージ

水拭きでサッとひと拭きシミになりません

試験方法

木製扉に各種汚れを付着させ、24 時間から最長6ヶ月間放置後に汚れを拭き取った場合の汚れの有無を検証。拭き取りには、水・中性洗剤を使用。

結果

右記6種類の汚れについては、拭き取りによってシミになりませんでした。

注意事項

  • クレンザーやシンナーを使った場合、表面のツヤの変化や変色、変形等の原因となりますのでご注意ください。
  • 水がかかった場合は、なるべく拭き取るようにしてください。吸水による変色や、塗膜剥がれの原因となることがあります。
  • 木材は経時的に色が変化します。特に直射日光は、色が変化する速さと程度が顕著なためご注意ください。カーテンやブラインド等で直射日光を避けることをお勧めします。
日常のさまざまな汚れをシャットアウト 日常生活での様々な汚れを付着させたイメージ 実験の結果、全くシミになっていないイメージ