メープルの味わいが、
自然素材の家で深まっていく。

新潟市の中央区にある自然素材の良さを取り入れた住まいを、実際のモデルハウスで見ることができる場所。
和風と洋風のモデルハウスがあり、それぞれのテイストの中で自然素材に包まれた暮らしが提案されています。
今回、その洋風のモデルハウスのキッチンにスイージーを採用され、そのインテリアを担当したコーディネーターのY様にお話しを伺いました。
もともと他社のキッチンを入れておられたのですが、少し高級感のある「大人かわいい」テイストを出したいということで、スイージーにされたそうです。
そのきっかけとなったのは、社長様が新宿のLIVING DESIGN CENTER OZONEにある「ウッドワンプラザ新宿」でスイージーを見られ、スタッフの方が東京へ出張される際に、いいキッチンがあるので是非見てくるようにと言われたことだそうです。
実際に見に行かれたY様も「素敵でした」と気に入られ、今回の採用に至ったそうです。
もともと木のキッチンにしたかったそうですが、ひとつずつパーツを調達したものでは、なかなかお客様に提案しづらく、その点スイージーなら安心して提供できるということが、採用の大きな理由になったそうです。

img4

このモデルハウスは家具もメープルで揃えておられたこともあり、キッチン扉の樹種も無垢のメープルにされました。
天板も素材へのこだわりからクオーツストーンに。
自然素材への関心が改めて高まっていますが「それよりも前から、自然素材の良さを伝えたい」という思いで、住まいの提案をしてこられたとY様が語られたとおり、木はもちろん、塗り壁やタイルなど、様々な自然素材が、その良さを醸し出しています。
お客様は30代~40代が多いそうですが、中には60代の定年を迎えられた方もおられ、皆さんキッチンについては価格以上に良い印象を与えられているそうです。
自然素材の良さを暮らしへ届けたいという思いが、細かい部分にも表れていて、それがここを訪れた人々の気持ちに届いているようです。
そして、メープルのキッチンは、納入されてから少しずつ色合いにも変化がでて、この空間に調和しながら、経年とともにメープルの味わいを深めて、暮らしの中へ届けています。


※商品の仕様変更により、現在発売している商品と異なる場合がございます。

インテリアコーディネーターのY 様。
無垢や自然素材をできるだけ多く取り入れた家を提案しつづけておられ、スイージーはお客様へとても良い印象を与えていると語っていただきました。